記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラウン管テレビは、なぜ丸みを帯びているの?

ブラウン管テレビの画面は何故丸みを帯びているのか?ブラウン管は四角だと思っている方が大半だと思いますが、元々は球面だったのです。昭和20年代にテレビの試験放送が始まった頃、マニアが作成した展示会があり、その中に丸いテレビが混じっておりました。

時代と共に、だんだん平らになってきており、電子回路を工夫することで画面にできるゆがみを無くせるようになりました。ちなみに球面のブラウン管は、最近まで測定器として使われていましたが、ほとんどが引退したみたいです。

しかし、国境を超えるとなんと丸いテレビがありました!その場所は、アメリカですね。出張でサンフランシスコに立ち寄った際に、テレビの歴史という題目で展示会をしていたのです。そこになんとSonyのポータブルテレビがあったわけです。これにはかなり驚きました。

アメリカにあった丸いテレビは、日本製だったわけです。この丸さがレトロの雰囲気を醸し出しており、見ていてとても癒されてしまいますね。人間は国籍問わず、古きよき時代のテレビでも愛されると実感した瞬間でもありました。なぜか少し背伸びしている気分になりました。私は日本人ですよと(笑)

お客様の回収ケース⇒リサイクル料を無料にするプラン~ブラウン管テレビの回収について(柏崎市エリア

==関連情報
送料は元払いでOK~パソコンの宅配による無料回収について
距離が遠かったため、持ち込みは億劫だったブラウン管TVの宅配回収の例(柏崎市より)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。